登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

27/09/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

フレッチ「主将は光栄なこと」

ニューカッスル戦(キャピタル・ワン・カップ)で復帰後初先発したダレン・フレッチャーは、自身初となったユナイテッドでの主将経験よりも、若手の活躍、そしてチームの勝利を何よりも喜んだ。

先週のチャンピオンズリーグ、ガラタサライ戦で復帰したフレッチャーは、ニューカッスル戦で先発出場を果たし、腕にはキャプテンマークを付けてチームを引っ張った。

「ユナイテッドで主将を務めたのは初めて」、「夢にまで見た瞬間だった。代表で主将を任されるのも光栄なことだけれど、ユナイテッドの主将も同様に自分にとっては凄い大役。ただ、自分の復帰や主将を経験したことよりも、勝利が重要」と、MUTVのインタビューで答えたフレッチャー。

「今日は中盤でダイヤモンドを形成して、パスがよく回っていたよ。前半終了までに何点か取れていれば良かったけれど、2-0としてから失点してしまった。終盤に向けた難しい時間帯だったからね。相手はハイボールをボックス内に送り続けてきたけれど、上手く対応出来たと思う」

フレッチャーは、ウェイン・ルーニーの復帰、そしてCBとしてフル出場したマイケル・キーン、スコット・ウートンのパフォーマンスについても言及。

「ウェインはトップ下のポジションを楽しんでいたね。ボールの受け手として、それに左右に広がる動きも頻繁にみられたし、自分の経験を上手く生かしていた。彼の創造性は素晴らしいし、プレーに対する熱意も相当なもの。チームにとっ

ページ 1 / 2 次へ »