登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「僕はリヴァプールに勝ちたいんだ。それこそ、今日チームがやったことだよ」

― パトリス・エヴラ
23/09/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

エヴラ「勝因はリスペクト」

パトリス・エヴラは、 2007 年以来初となるアンフィールドでの勝利に興奮。 96 名もの人命を失ったヒルズボロの悲劇、ルイス・スアレスとの試合前握手など、色々と注目される試合となったが、「リスペクト」という言葉が勝因と試合後に語った。

「信じられないよ」とMUTVのインタビューで語ったエヴラは、「とんでもないことの1つとして、アンフィールドでの勝利と常に言ってきたからね」と、勝利を喜んだ。

「もう4年(実際は5年近く)も勝てていなかったから。アウェーでのリヴァプール戦後のドレッシングルームで、皆が笑顔になっているのを久しぶりに見た。僕はリヴァプールに勝ちたいんだ。それこそ、今日チームがやったことだよ」

「試合前から色々と複雑な感情が入り混じっていたし、そういう雰囲気になっていたから簡単な試合ではなかった。自分達が目標にしている勝ち点3を取れたのは、自分達がやるべきことをやったから」

「僕が思うに、今日の試合で重要だったのは、リスペクト。共に悲劇を経験した2つのビッグクラブの対戦だったからね。まわりは僕とスアレスが握手をするかを気にしていたけれど、仮に彼が握手を拒んだら、2チームの歴史をリスペクトしていないということになる。今回は彼も握手に応じてくれたけれど、そんなことより、事故で家族を失った人達の方が重要だから」

「アンフィールドで1-0で負けたら、立ち直るのは難しいんだ。そんな状況をラファエウ(ダ・シウヴァ)がすぐに打開してくれた。彼は更に成長したし、ゴールを決めたのを見て嬉しかった」

「(ラファエウ)本人にも言ったけれど、普段から必死に努力しているから決められたと思う。今のチームには、レベルが高い選手が大勢いて、皆プレーしたいと思っているから出場機会を得るのも難しい。今日の内容はあまり良くないけれど、勝とうという強い気持ちを出せたと思うし、それが何よりも大事だった」

ページ 1 / 2 次へ »