登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ワールドカップ予選
2012年9月11日

メキシコ 1(エルナンデス 61分)
コスタリカ 0

ウルグアイ 1(カバーニ 66分)
エクアドル 1(カイセド8分 PK)
12/09/2012  Report by Nick Coppack

チチャはゴール、バレンシアは退場

ハビエル・エルナンデス、そしてアントニオ・バレンシアはそれぞれメキシコ、エクアドル代表としてワールドカップ予選に出場。

エルナンデスを擁するメキシコは、CONCACAF(北中米)地域の予選でコスタリカと対戦。チチャリート(エルナンデスの愛称)は試合で唯一となるゴールをヘディングで決め、メキシコが1-0で勝利した。グループBのメキシコは4戦全勝と好調を維持している。

一方エクアドル代表としてウルグアイとの南米予選に出場したバレンシアだったが、試合終盤に2枚のイエローカードをもらい(2枚目は90分に出されるという厳しい判定)、退場処分となった。試合も1-1のドローとなり、バレンシアは10月に行われるチリとの予選には出場出来なくなった。

【関連記事】
ヤング「アントニオは素晴らしい」