登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

26/10/2012  Report by A Marshall and G Thompson

チェルシー戦は大きな試練

アレックス・ファーガソン監督は、流れるような新システムを武器にプレミアリーグ首位を走るチェルシーの実力を警戒している。

マンチェスター勢に勝ち点4差とし首位を走るチェルシーは、エデン・アザール、オスカル、そしてフアン・マタを中心としたチームに生まれ変わり、今シーズンは引き分けに終わった1試合を除き全勝をマーク。監督は試合前会見で次のように語った。

「アウェーでのチェルシー戦は常に難しい。われわれも彼らも非常に良いチームで、彼らは開幕からのスタートダッシュに成功した。非常に興味深いフォーメーションに対し、われわれも対応しないといけない」

「オスカルとアザールという似たタイプの選手を獲得して、マタのようなタイプを中盤に置いて上手く融合させられている。彼らは常にストライカーの背後にいて厄介な存在だが、何としても守りきらないといけない」

「彼ら3人の特徴は似ていて、ストライカーの背後にいる。もうディディエ・ドログバがいないわけだから、システム変更は当然必要だった。これまでは前線のドログバにパスを通す様々な方法があったわけだが、今のチームは完全に中盤で支配するタイプのチームだ」

【関連記事】
シンジが膝の負傷で1ヶ月離脱