登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

プレミアリーグ 2012年10月20日(土)
オールド・トラッフォード 観衆7万5585人

ユナイテッド 4
ルーニー(27、65分)、ファン・ペルシー(44分)、ウェルベック(46分)

ストーク 2
ルーニーOG(11分)、カイトリー(59分)
21/10/2012  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 3 次へ » 

ユナイテッド 4-2 ストーク

プレミアリーグでも異質な存在であるストークとの一戦は、ウェイン・ルーニー、ロビン・ファン・ペルシー、ダニー・ウェルベックがゴールを決め、ユナイテッドが 4-2 で勝利した。

ブレーク明け後の初戦はフィジカルに強いストークとの対戦。アレックス・ファーガソン監督はGKにダビド・デ・ヘア、DFは前節と同じくラファエウ・ダ・シウヴァ、リオ・ファーディナンド、ジョニー・エヴァンス、パトリス・エヴラ。中盤の底にマイケル・キャリックとポール・スコールズを置き、トップ下の位置にルーニー、右サイドにアントニオ・バレンシア、左にウェルベックを配置し、1トップにファン・ペルシーというフォーメーションを組んだ。
香川真司は移籍後初めてメンバーからは外れた。

ポゼッションではユナイテッドが数字的に上回るものの、混雑したゴール前でのプレーの差からなのか、ストークペースで試合が進む印象を受ける。高さを生かしたいストークは11分、ペナルティエリア近くでFKを獲得すると、ライアン・ショウクロスのマークについていたルーニーが頭で自陣のゴールネットを揺らしてしまい失点。オウンゴールで先制を許す。

流れの中からシュートがみられないユナイテッドは、左サイドハーフのウェルベックが守備を疎かにして中央に入り過ぎリズムを乱してしまい、空いたサイドをファン・ペルシーが下がってカバー。
20分を過ぎてようやく連動したパスからシュートまで持ち込めるようになったユナイテッドは、27分、中央でパスを受けたルーニーが左のファン・ペルシーにパスを出すと、絶妙のタイミングでクロスを出し、ルーニーが失点シーンと同様に頭で押し込み1-1の同点に追いつく。

その後ファン・ペルシーとの連携からスコールズ、そしてエヴラのパスカットからウェルベックがバーに当たるシュートを放つなど、徐々にユナイテッドペースに。

すると44分、左サイドのウェルベックからルーニーにパスが渡り、それを右サイドのバレンシアに展開。バレンシアが引きつけ相手の股の間を通す低いクロスにノーマークだったファン・ペルシーがコースを変えてゴール。良い形で逆転に成功し、後半を迎えた。

ページ 1 / 3 次へ »