登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

08/10/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

DF起用の悩みは嬉しい悲鳴

長らく戦列を離れていたクリス・スモーリング( DF )の復帰が間もなくということを受け、アレックス・ファーガソン監督は再び頭を抱えることになるだろう。

スモーリング、そしてフィル・ジョーンズが開幕時期に間に合わなかったばかりか、ジョニー・エヴァンスも8月の時点では手術した箇所が完治しておらず、更にはネマニャ・ヴィディッチも手術を受けるなど、最終ラインは崩壊寸前の状態だった。

しかし、ニューカッスル戦では素晴らしい守備で相手を抑え、クリーンシート(無失点)で勝利。代表戦ウィークが明けて迎えるストークとのホームゲームからスモーリングは復帰するとみられているが、監督がエヴァンスとリオ・ファーディナンドのコンビに高い評価を与えていることから、スモーリングにすぐ先発出場の機会が与えられるかは不明。再び出場機会を手にする道のりは、決して平たんなものにはならないだろう。

監督は、「(ニューカッスル戦での)エヴァンスとファーディナンドは素晴らしかった。本当に素晴らしくて、守備の土台が出来たと言える。そうすることで中盤や前線の選手は自分達の役割に集中できる。彼らが全ての問題を解決してくれた」とコメント。

「安定したパフォーマンスを続けて、結果を残さないといけない。そうすればチームにもリズムが生まれるからね。どんな相手とも戦えるだけの戦力が今のチームにはある。代表ウィーク後にはクリス・スモーリングも復帰するが、彼の復帰はチームにとって重要になる」

ページ 1 / 2 次へ »