登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

28/10/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「ようやく勝てた」

アレックス・ファーガソン監督は、試合後にハビエル・エルナンデスが決めた決勝点は運に味方されたと認めたが、それよりもチェルシー FW のフェルナンド・トーレスがシミュレーションにより 2 枚目のイエローカードを提示され、退場処分となった点に同情した。

試合後 Sky Sports のインタビューに応じた監督は、「(リーグ戦では) 10 年ぶりの勝利だ。試合前から言っていたことだが、ここ(スタンフォード・ブリッジ)ではショッキングなジャッジを目にしてきた。非常に難しい会場だし、全てのジャッジを理解するのは大変なこと。サポーターは完全に相手チームを支持していたし、前半終了間際は完全にわれわれの方が押し込まれていた」とコメント。

「全員一丸となって何とか試合を壊さず耐えられた。決勝点はオフサイドという意見もあるわけで、そういう意味では今回は運に恵まれた。しかしチームは実に良い形で試合に入れた。素晴らしい立ち上がりだったが、ハーフタイムに入る 10 分前からペースを奪われてしまった。早く前半が終われば良いと思っていたくらいだ。後半早々に同点に追いつかれてからは、全てにおいて正しいプレーをしなければならなかった」

監督はアシュリー・ヤングに対するファールで一発退場となったブラニスラフ・イヴァノヴィッチ、そしてトーレスに対する見解を求められると、次のように語った。

ページ 1 / 2 次へ »