登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/10/2012  Report by A Marshall & G Thompson

シンジが膝を負傷

アレックス・ファーガソン監督は、 3-2 で逆転勝利したブラガ戦で膝を負傷した香川真司の状態について、試合後に説明した。

前半2失点としたユナイテッドは、後半開始からシンジに代えてナーニを投入し、ダイヤモンド型のフォーメーションから4-4-2、或いは4-2-3-1に近い陣形に戻してペースを取り戻し、逆転勝利を挙げた。

監督は「シンジは膝を捻ったようだ。彼は負傷してから20分近くプレーを続けたが、交代せざるをえない状況だった。明日の明日になってから詳しい状態をみる。この時点でどの程度の損傷かを発言するのは時期尚早」とコメント。

またダイヤモンド型についても監督は「ダイヤモンド型は今後もチームにとって重要になるだろうが、2-0とされてしまっては、ワイドに展開する他に打開策が無かった。それでナーニと(ウェイン)ルーニーを左右に配置したということ。シンジの負傷でナーニを起用した結果、ポゼッションにも変化がみられた」と語った。

その他GKのアンデルス・リンデゴーアが負傷により週末に行われるチェルシー戦を欠場することも発表された。

「アンデルスは日曜日の練習で親指を痛めた。数週間で試合に復帰するだろうが、今週末の試合出場は無理だ」

【関連記事】
ユナイテッド 3-2 ブラガ