登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

02 October 2012  Report by Gemma Thompson in Cluj

クルージュ 1-2 ユナイテッド

チャンピオンズリーグのグループステージ第 2 節、 CFR クルージュとのアウェーゲームは、ロビン・ファン・ペルシーが左足で 2 得点を決め、ユナイテッドが 2-1 で勝利した。

アウェーでの戦いとなった第2節ではGKにダビド・デ・ヘア、DFラインはプレミアリーグ前節と変わらずラファエウ・ダ・シウヴァ、ジョニー・エヴァンス、リオ・ファーディナンド、パトリス・エヴラ。中盤にトム・クレヴァリー、ダレン・フレッチャー、アンデルソンを置き、一列前にウェイン・ルーニー、ファン・ペルシー、そしてハビエル・エルナンデスを1トップで起用するイレブンを組んだ。

ポゼッションではユナイテッドが支配するが、クルージュはパスカットからのカウンター狙い。速い判断でサイドから切り崩して得点を狙う姿勢がうかがえる。

ユナイテッドは純粋にサイドでプレーできる選手を起用していない為、アンデルソンが中央に入り、右サイドにスペースが空いてしまうことが多く、ルーニー、或いはファン・ペルシーが流動的に動いてカバーする。

ファーストシュートはルーニーからアンデルソンへと渡り放つがミス。

すると14分、これまで懸念されていた守備陣が再び崩されてしまう。
中央でボールを奪ったクルージュが即右にサイドチェンジ。モドゥー・スグ―がエヴラを振り切り中央で張っていたパンテリス・カペタノスにクロスを出すと、落ち着いてシュートを決められ、ホームチームに先制を許す。

またもビハインドとなったユナイテッドは、20分を超えてからクレヴァリーが中央から浮かせるパスで前に繋ぎ、ファン・ペルシーが左足でシュートを放つが決まらない。

その後もルーニー、ファン・ペルシー、クレヴァリーから良い形を作っていく。

すると29分、ルーニーのFKにファン・ペルシーが頭で合わせて1-1の同点に追いつく。

枠内へのシュートは放つが得点に繋がらないユナイテッドだが、34分にはアンデルソン、チチャリート、ファン・ペルシーへと繋がり、相手DFの裏に抜け出したオランダ人ストライカーが得意の左足を振り抜くがGKマリオ・フェルゲイラスに止められる。

全体的に運動量が少ない印象のあるユナイテッドが後半からカードを切って展開を変えられるかが鍵となりそうだ。

後半もメンバー変更なしのユナイテッドは、ルーニーのミドルシュートからスタート。クルージュは前半と比べてプレスの強さが弱まった印象がある中、49分、右サイドに展開したルーニーがDFの裏へ抜けたファン・ペルシーの足元に浮かせたパスを出し、ファン・ペルシーが左足で再びゴール。1点目に続きルーニーとファン・ペルシーとのコンビで逆転に成功する。

クルージュの運動量は明らかに落ち、球際のプレスは相当に弱まる。チャンスらしいチャンスといえば、CKからDFカドゥが頭で合わせるくらいのもので、これもデ・ヘアの正面。

ユナイテッドは60分を超えて完全にボールを支配。右サイドでアンデルソンがDFを引きつけ、切り込んだラファエウにパス。そして71分にはルーニーが三度ファン・ペルシーにラストパスを出すが、これはタイミングが合わない。

ページ 1 / 2 次へ »