登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

27/11/2012  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、アラーダイス監督を賞賛

アレックス・ファーガソン監督はウェストハム戦を前に、サム・アラーダイス監督を賞賛するコメントを発表。アラーダイス監督は過小評価されているとした。

アラーダイス監督は 2011 年夏からウェストハムを率い、その年にプレミアリーグへ昇格させた。プレミアリーグ昇格後の今シーズンは 13 試合で勝ち点 19 となっており、成績が今ひとつであることから、アラーダイス監督の手腕を疑う声もあるが、ファーガソン監督は疑う必要はないとした。

「アラーダイス監督は 1 年程前からウェストハムの指揮を取っているが、彼のフットボールはフットボールではない、ウェストハムの監督としては認められないという声もあったようだ。しかし、彼に課せられた使命はできる限り早くプレミアリーグに復帰することだったし、彼は 1 年でそれを成し遂げた。彼の他にこれが出来る人がいるなら教えて欲しいものだね」

「またウェストハムではチームの立て直しも必要だったし、高額な選手を数人放出する必要もあった。彼は過小評価されている。彼に対して偏見を持っている人もいるようだが、それはフェアではない。彼がプレミアリーグへ戻ってきて私は嬉しく思っている」

「ブラックバーンの解任劇は信じられない事件だったが、彼にとってはニューカッスルで解任された時の方が辛かっただろう。ブラックバーンではオーナーが変わり、特定の監督を求めていたということで、ついていなかった。ニューカッスルでは期待をされていなかったし、ファンの後押しもなかった。しっかりと仕事が出来る環境ではなかった」

ページ 1 / 2 次へ »