登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/11/2012  Report by B Hibbs & G Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「リーグは未だに3強の争い」

アレックス・ファーガソン監督は、数日前に監督交代があったにせよ、バークレイズ・プレミアリーグの優勝争いはユナイテッド、シティー、チェルシーの三つ巴になると予想している。

監督は解任されたロベルト・ディ・マッテオ前監督に同情しているものの、チームの実力に大きな変化は表れないだろうと予測。ディ・マッテオ氏の後任にはラファエル・ベニテス氏が就任した。

「数週間前と同じく、今シーズンのリーグは3強の争いになると思う。われわれ3チームの勝ち点差は僅かだからね」と監督。

「チェルシーの選手層は厚い。オスカルや(エデン)アザールら若手を数人獲得し、今では若手と経験豊富なベテランが上手く融合している。それに今後芽を出す若い選手もいるだろうし、チェルシーを軽視することは出来ない」

ファーガソン監督は、チームを指揮する監督には、十分なだけのチャンスと時間を与えるべきと主張。残念ながらディ・マッテオ氏には平等な機会は与えられなかったと語った。

「この一件については、誰もがロベルト・ディ・マッテオ氏に同情するだろう。FAカップとチャンピオンズリーグ優勝に導いた監督が解任されるのはショックだ。私が何よりも残念に思うのは、2週間後にクラブワールドカップが始まるにも関わらず解任したということ。あと2週間の猶予を与え、ワールドタイトルを取るチャンスをあげても良かったのではないかと思う」

ページ 1 / 2 次へ »