登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/11/2012  Report by Adam Marshall

RVPは快く迎えられるべき

アレックス・ファーガソン監督は、アーセン・ヴェンゲル監督がファンに対しロビン・ファン・ペルシーを快く出迎えるべきと語った発言を支持し、改めてファンへの対応を求めている。

オランダ人ストライカーは、今夏アーセナルとの契約更新を拒否し、ユナイテッドに移籍。ヴェンゲル監督はアーセナル時代に残した功績を認める意味でも、ファン・ペルシーに野次を飛ばすのではなく、温かく迎え入れるべきとコメントし、監督も賛同した。

「アーセナルのサポーターにロビンをリスペクトするよう求める為に、アーセンも言ってくれたのだと思う。もしユナイテッドに在籍した選手がオールド・トラッフォードに戻ったら、われわれのファンは温かく選手達を迎えてくれる。明日の試合でも問題にはならないだろう。彼らはロビンが8年間残した功績を称えてくれるはずだ」

また監督は、移籍直後から安定して高いパフォーマンスをみせているファン・ペルシーを称賛。

「ロビンは成熟した選手で、それが彼のパフォーマンスに影響を与えている。イングランドで8年プレーしている経験があるからこそ、国内の他チームに移籍しても問題なくプレーできている。シーズン開幕から素晴らしい活躍で、チームとしても満足している。これからも継続して活躍してもらいたい」

【関連記事】
監督がアンデルソンの起用を示唆