登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ロビンは即チームに馴染んでみせた。まるで何年もプレーしているかのように。重要な場面でゴールを決めているし、勝敗に関わるプレーを何度もみせている」

― ルート・ファン・ニステルローイ
28/11/2012  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ルート「ロビンならやれる」

ルート・ファン・ニステルローイは、同じオランダ出身のロビン・ファン・ペルシーの実力を称賛。自身と同程度、もしくはそれ以上の成績を残せると太鼓判を押している。

ファン・ニステルローイは2001年から06年までユナイテッドに在籍し、219試合で150ゴールを記録。ファン・ペルシーは移籍後すぐチームに順応し、現時点まで1試合平均0.68ゴールと、ファン・ニステルローイのペースに近い数字を記録している。

「私の時代は終わったから、次の世代が活躍する番。ロビンなら私と同じくらい得点を決められるんじゃないかな」

「ロビンは即チームに馴染んでみせた。まるで何年もプレーしているかのように」

「重要な場面でゴールを決めているし、勝敗に関わるプレーを何度もみせている」

先週、アレックス・ファーガソン監督の銅像除幕式に出席する為、マンチェスターに滞在したファン・ニステルローイは、ファン・ペルシーと言葉を交わしたという。

「快適にプレー出来ていると言っていた。私もそうだったが、このクラブに来る選手は皆同じように感じる。まるで家族の一員のような、自分がチームの伝統の一部になれたように感じるんだ。それに試合で良いプレーがしたいと強く思う。ロビンも同じで、彼はプレーを実行しているよ」

ユナイテッドを退団した際、監督と意見の衝突もあったファン・ニステルローイだが、監督との関係は修復済みとコメント。更に監督が同胞の後輩をしっかりとサポートしてくれると明言。

ページ 1 / 2 次へ »