登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

15/11/2012  Report by A Marshall & A Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、ノリッチ戦に向けてコメント

ファーガソン監督は、土曜日にアウェーで対戦するノリッチ、そしてクリス・ヒュートン監督に対して敬意を払うコメントを発表した。

クリス・ヒュートン監督は今シーズンあまり良いスタートを切れてはいないが、徐々にチームへ自分のやり方が浸透してきているようで、アーセナル戦に勝利して以降、5試合連続無敗であることから、ユナイテッドとしては気を抜けない相手になるだろう。

昨シーズンの同カードもライアン・ギグスのロスタイムのゴールで辛勝したものの苦戦を強いられた相手であることから、今シーズンも難しい試合になることが予想される。

アレックス・ファーガソン監督は昨シーズンのその辛勝はツキが大きかったのではないかという質問に対し、「そうだと思う。ツキが味方をしてくれた」と認めると、以下のようにコメントを続けた。

「アウェーでのノリッチ戦は簡単ではなかったし、彼らは今シーズンアーセナルを破っている。クリス・ヒュートン監督は尊敬しているよ。バーミンガムとニューカッスルでは素晴らしい仕事をしたと思うし、この前のアーセナル戦での勝利は、彼がノリッチの監督として地に足がついてきたという意味で、転機を迎えた証拠なのかもしれない」

「監督が新天地に行けば、必ずこうなる。練習方法も変わるし、選手に対する見方も変わる。ヒュートン監督は地に足がついてきたのだろう。でも我々と対戦する時はそうでないことを願うね。しかしアーセナル戦の采配は見事だったよ」

ページ 1 / 2 次へ »