登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「今のチームは点を取られてから勢いがつく。今日も先取点を取られてから決死の覚悟で相手に向かい、試合テンポもスピードアップした。明らかに違いを生んだ要因だ」

― アレックス・ファーガソン監督
24/11/2012  Report by A Marshall & A Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「アンドーが試合を変えた」

アレックス・ファーガソン監督は、後半から途中出場したアンデルソンのパフォーマンスにより、またしても逆転して勝利できたと試合後に語った。

ユナイテッドはQPRに先制点を許したものの、ブラジル人MFが流れを変えて3-1で逆転勝利。監督はMUTVのインタビューでアンデルソンの活躍、そしてダレン・フレッチャーのゴールなどについて次のように話した。

「アンデルソンが試合の流れを変えてくれた」

「試合を通してユナイテッドらしいプレーがみられたのは10分から15分程度しかなかった。QPRは自分達が勝てると信じていたし、ハードワークを厭わなかった。監督が解任されたチームではよくあることで、今日それが証明されたと思う」

「先取点を奪われるのは決して気分の良いものではない。深刻に受け止めるべき問題だ。しかし、今のチームは点を取られてから勢いがつく。今日も先取点を取られてから決死の覚悟で相手に向かい、試合テンポもスピードアップした。明らかに違いを生んだ要因だ」

アンデルソンは他の選手と同様に先発での起用を求めているが、監督は「選手達は皆プレーしたいと思うもの。アンデルソンは自分の役割をしっかりと果たしてくれた」

「ジョニー・エヴァンスは今シーズンから得点でも貢献するCBとして活躍してくれている。ヴィダ(ネマニャ・ヴィディッチ)を含め、過去にはスティーヴ・ブルースら、CBでも得点で貢献できる選手が数人いた」

「チーム全員がダレンのゴールを喜んでいると思う。彼にとっては長い道のりだった。それに復帰してから彼を1週間で2試合に出場させたのも今回が初めて。彼も期待を裏切らない良い仕事をしてくれたよ。今後は体調を考慮して水曜日のウェストハム戦のメンバーを考えるが、チームの勝利に貢献してくれた」

ページ 1 / 2 次へ »