登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/05/2012  Report by Adam Marshall Adam Marshall

監督「ヤングの得点力は脅威」

昨年オフにユナイテッドに移籍したアシュリー・ヤングの得点力について、アレックス・ファーガソン監督は高い評価を与えている。

アストン・ヴィラから移籍したMFは、今シーズン8ゴールを記録。中でもアーセナル戦、トッテナム戦でのゴールが印象に残っている。

シーズン終了後の15日(火)に行われたハリー・グレッグ記念試合でも2ゴールを挙げる等、好調を維持している為、EURO本大会に出場するイングランド代表でもキーマンとなるかもしれない。

「(移籍)1年目で10ゴール(記念試合での2ゴールを含む)を挙げたのは大したもの」と、監督。「彼には得点能力が備わっている。間違いなくね。フィニッシャーとしても優秀だ」と評した。

イングランド代表監督のロイ・ホジソンは、EUROに出場する代表に4人のストライカーを選出。ウェイン・ルーニーはグループリーグ2試合の出場停止処分の為、ヤング、そしてアーセナルのセオ・ウォルコットの得点能力に期待がかかる。

ヤングは2011年以降の代表戦で5ゴールを挙げる等、国際試合でも能力を発揮している。

【関連記事】
アイルランド選抜 1-4 ユナイテッド