登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

4月の月間MVP候補:

マイケル・キャリック
ウェイン・ルーニー
ポール・スコールズ
ダニー・ウェルベック
アシュリー・ヤング

投票はこちらから。
02/05/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

投票:4月の月間MVP

バークレイズ・プレミアリーグ首位からは陥落した月となったが、印象に残るプレーが数多くみられた。

ManUtd.com専属ライターが5名の選手を候補に挙げ、ファンによる投票の受付けを開始。
先月はブラックバーン戦、2-0で勝利したQPR戦、そして両チーム合計8ゴールという打ち合いになったエヴァートン戦もあれば、予想外とも言えるアウェーで敗れたウィガン戦、そしてダービーでの悔しい敗退で終えた4月。残り2試合での優勝争いにどう影響するかはわからないが、候補となった5選手の1ヶ月を総評したい(投票はこちらから)。

マイケル・キャリック
全6試合でフル出場。中盤の真ん中で試合の舵取りを中心に、精度の高いパスを前線に送る淡々とした役割だが、相手選手に対しては果敢に挑み、ピンチの芽をインターセプトで摘むシーンも頻繁に見られた。敗れたダービーでは、ユナイテッドのベストパフォーマーと言っても良い活躍だっただろう。

ウェイン・ルーニー
ユナイテッドのトップスコアラーとして、4月だけで5ゴールをマーク。QPR戦、アストン・ヴィラ戦では冷静にPKを決め、古巣エヴァートンとの試合では2ゴールを挙げた。エティハド(シティー本拠地)では結果が伴わなかったものの、好調を維持。遂に最終章に突入した優勝争いを迎えるにあたり、チームにとっては心強い存在だ。

ポール・スコールズ
QPR戦では代名詞とも言える豪快なミドルシュートを炸裂。アストン・ヴィラ戦でも試合の流れをコントロールし、試合を重ねるごとにコンディションを上げている印象さえ残している。自分よりも大分若い選手を相手にしながら、プレーレベル、テクニックの差を見せつけた。

ダニー・ウェルベック
アストン・ヴィラ戦とエヴァートン戦でゴールを決め、トップフォームを取り戻した。特に4-4としたマージーサイドのチームとの一戦では、勝ち越しのゴール、そしてルーニーの4点目をアシスト。シティー戦では戦術的な理由により先発出場とならなかったのが残念でならない。

ページ 1 / 2 次へ »