登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/05/2012  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

初シーズンを振り返るジョーンズ

ユナイテッドのDFフィル・ジョーンズは、少なくとも個人的には大きな成果を上げていると2011-2012シーズンを振り返った。

昨年の夏にブラックバーンからオールド・トラッフォードに移籍して来た19歳のジョーンズだったが、ユナイテッドでのファーストシーズンでこれほど重要な役割を果たすことになるとは夢にも思っていなかっただろう。U-21イングランド代表のレギュラー選手として活躍しているのは確かだが、ユナイテッドで出場チャンスを掴むにはリオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチ、クリス・スモーリング、そしてジョニー・エヴァンス等とのポジション争いを避けては通れず、忍耐が必要とされる。

あっという間の9ヶ月だったが、ジョーンズは主将代役を努めるパトリス・エヴラ、そして攻撃の要のウェイン・ルーニーに次ぐ出場試合数を記録している。イングランド北西部のチョーリー出身のDFは、更にイングランドフル代表にも召集され偉大なフットボール選手達と比較されるまでになった。

「とても順調だよ」とジョーンズはコメント。「もし今シーズン初めに、ユナイテッドで40試合出場を果たすと言われても冗談だと相手にしなかっただろう。今でも信じられないよ」

他いくつかのクラブもジョーンズの活躍を予想し興味を示していた為、アレックス・ファーガソン監督は予定より1年早く獲得に乗り出した、とジョーンズの移籍直後に報道されている。

ページ 1 / 2 次へ »