登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/05/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリック「まだチャンスはある」

マイケル・キャリックは、2-0 で勝利したスウォンジー戦後、チームのプロフェッショナリズムを称え、最終節での逆転優勝もあり得ると語った。

スウォンジー戦が始まる前、シティーは既にニューカッスルに2-0で勝利。ユナイテッドは絶対に負けられない試合で勝利を収め、再び勝ち点で首位と並んだが、得失点差により2位としている。

シティーは最終節で残留争い中のQPRとホームで対戦。ユナイテッドが逆転優勝する為には、QPRが波乱を起こす必要がある。

キャリックはMUTVのインタビューに対し、「(シティーの試合は)皆で見ていた。でも、これが現実。逃げも隠れも出来はしない。シティーが勝ったから、僕らも絶対に勝たないといけなかった。何かが起こることを信じているし、まだシーズンは終わっていないから。来週の試合が終わるまでは、どうなるかわからない」とコメント。

「今日はチャンスを多く作れたと思う。試合開始から早い時間に得点を奪って、そこから追加点を取りたかった。実行出来た部分はあった。でも、チャンスを十分には生かしきれなかった。勝利という結果はもちろん受け入れるさ。1試合で6点も8点も取るのは大変なことだけれど、僕らはトライした。この勝ち点3はチームが取ったものだよ」

「理想を言えばハーフタイムまでに3、4点は取りたかった。それが出来れば良かったけれど、そんなに上手くはいかない」

ページ 1 / 2 次へ »