登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「彼らはテクニカルな試合をするチームに見えたけれど、中には脅威となるかもしれない選手も数人いた。ただ、チームは良い練習が出来ているし、早く試合がしたいよ」

― クリス・スモーリング
08/03/2012  Report by A.Marshall & A.Bostock

スモーリング復帰の可能性も

DF クリス・スモーリングは、ヨーロッパリーグの舞台でアスレティック・クラブと対戦出来ることに興奮を隠せないでいる。

フルアム時代の2009-10シーズン中、ヨーロッパリーグの試合に出場したスモーリングは、出場した4戦で無敗とした。

最近ではイングランド代表としてオランダ代表との親善試合に出場したが、頭部を負傷し、しばらく戦列を離れていたが、22歳のDFはベスト16の第1戦に出場したいと語っている。

「違う国のチーム、違うタイプの選手と対戦出来たのは、自分にとっても良い経験だった」とManUtd.comに語ったスモーリングは、「特に昨シーズンのチャンピオンズリーグでの経験は本当に素晴らしいものだったよ。ヨーロッパリーグでは今のところオランダのチームとしか対戦していない。今日(8日)はスペインのチームと対戦するし、きっと良い試練になるよ」と続けた。

「先週アスレティック・クラブの試合を見た。それにキャリントン(ユナイテッドの練習施設)でも映像で確認している。彼らはテクニカルな試合をするチームに見えたけれど、中には脅威となるかもしれない選手も数人いた。ただ、チームは良い練習が出来ているし、早く試合がしたいよ」

「オールド・トラッフォードでマルケル・スサエタに注目すべきか?」という質問に対しては、「そう思う。欧州の舞台で、しかもこの段階にまで到達しているチームとの対戦では、誰かが特別な瞬間を作れるかどうかで勝敗が分かれる」と答えた。

【関連記事】
友人との対戦にデ・ヘアが興奮