登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/03/2012  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「われわれは幸運」

アレックス・ファーガソン監督は、難しいホワイト・ハート・レーンで勝ち点 3 を記録出来た点について「幸運だった」と形容。続けて「非常に大きい勝利」とし、目を細めた。

開始からホームチームが押し気味の展開となったが、前半終了間際にウェイン・ルーニーが先制点を決めると、後半にはアシュリー・ヤングが2点を決めて勝利。首位シティーに再びプレッシャーをかけることに成功した。

試合後MUTVとSky Sportsのインタビューに応じた監督は、「運にも助けられた」、「前半のトッテナムは非常に良いプレーをしていた。ひょっとすると、われわれは戦術面で間違っていたのかもしれない」とコメント。

「前半は敢えて退いてからチャンスを作ろうと考えたが、機能しなかった」

「ハーフタイム中、選手達にはDFにプレッシャーをかけて相手のプレーを引き出させないようにしようと指示を出した。2点目を奪うまでは余裕はなかったが、それからは選手達も落ち着いてプレー出来ていた」

監督はルーニーの先制点を勝負の分かれ目としつつ、守備陣のパフォーマンスを称えることも忘れなかった。

「トッテナムが本当に強いチームということを考えれば、今日のDFは素晴らしい仕事をしてくれた。相手にとっては開幕戦以来となるホームでの敗戦だからね」

ページ 1 / 2 次へ »