登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/03/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督がキャリックの性格を称賛

セントラル MF として好調を維持しているマイケル・キャリックは、最近の選手としては珍しく、自らの能力を誇示しないタイプとして知られている。アレックス・ファーガソン監督は、キャリックの性格を称賛しつつ、控えめな性格こそ、ユナイテッドの中盤を支える MF がイングランド代表から声がかからない最大の理由としている。

ユナイテッドファンからすれば、何故キャリックがEURO2012に出場するイングランド代表に選出されないか気になるかもしれない。だが監督は、キャリックが古巣トッテナムとのアウェーゲームだけに集中してくれていれば良いと語った。

「マイケルと(ポール)スコールズのコンビネーションは良い。マイケルはグッドフォームを維持しているし、流石だ。彼は同意しないかもしれないが、私が思うに、シーズン後半戦から調子を上げるタイプの選手だと思う。今の彼の状態に満足しているよ」

「彼は決してメディアの前で自己主張するタイプではない。ライアン・ギグスやスコールズと似たタイプの選手。ただ、だからと言ってチームから評価されないということはない。デニス・アーウィンも似た性格の持ち主だった」

「最近では自分の能力を誇示する選手が多いし、だからこそ非常に好感が持てる。口数が少ないというだけだ。自己主張する必要があると批判する連中もいるかもしれないが、私はそうは考えていない。彼は単に物静かなだけだ」

ページ 1 / 2 次へ »