登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「もうオフの間に体重が8-10kgも増えるような時代ではない。選手達は良いコンディションでチームに戻ってくる。君達が想像しているように、われわれはプロの集団だ。われわれフィットネススタッフは、選手達にオフ中のトレーニングで達成する基準を設けているからね」

― トニー・ストラドウィック(ヘッドフィットネスコーチ)
22/06/2012  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

フィットネスコーチが語るオフトレ

ユナイテッドのヘッドフィットネスコーチ、トニー・ストラドウィックは、チームの選手達は来月から始まるプレシーズンツアーに向け、今後ギアを上げてトレーニングに励むだろうと話し、オフの間の自主トレーニングに不安は無いと語った。

EURO2012、欧州U-19選手権、そしてロンドン五輪と国際大会が続く今年のオフ、選手達の中には昨シーズンの疲労に国際試合の疲れが重なり、そして7月下旬から始まるツアーと厳しい日程が続く為、チーム全体の健康状態を管理することは極めて難しいと言える。

しかしストラドウィックによれば、2012-13シーズンの準備は、昨シーズンが終わった時から既にスタートしていたという。

MUTVのインタビューを受けたフィットネスコーチは、「選手達にはシーズンオフのトレーニングプログラムを渡してある。通常は、シーズン後の数週間は心身共に少しクールダウンする時間を与える。これが何よりも重要なんだ」とコメント。

「選手には各自違うトレーニンプログラムを与えてある。代表に合流する選手達にも、それぞれ違う内容をね。各選手に対して、チームに合流する頃には到達しておいてもらいたい基準がある」

「もうオフの間に体重が8-10kgも増えるような時代ではない。選手達は良いコンディションでチームに戻ってくる。君達が想像しているように、われわれはプロの集団だ。われわれフィットネススタッフは、選手達にオフ中のトレーニングで達成する基準を設けているからね」

「これは変わらないことだと思うが、よりハードワークを実践する選手が、より高に到達し、成功を手に出来る。もちろんチームのイベントに参加する選手と、そうではない選手がいるわけだから、個人個人のプログラムは違っていて当然。チームに合流する日も、選手個人によって違うからこそ、共通のプログラムを組むのが難しい」

ページ 1 / 2 次へ »