登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「多くのことを学んだと思う。これからの2、3年が若手にとって大きなテストになるだろうし、チームは全てを乗り越えてみせるさ」

― ウェイン・ルーニー
27/06/2012  Report by Steve Bartram

ルーニー「手痛い経験から学んだ」

2011-12 シーズンでは手痛い経験をしたユナイテッドだが、ウェイン・ルーニーはチームの将来は明るいと話している。

シーズン終盤には優勝争いを牽引していたユナイテッドも、怒涛の追い上げを見せたシティーに順位を逆転され、優勝を逃した。アレックス・ファーガソン監督率いるチームは、この経験で多くを学んだことだろう。

チームの公式2011-12シーズンダイアリー“Fight to the Finish”の中で、ルーニーは「チームの全員が多くを学んだ」と主張。

「ニ度と経験したくはないと思う感情を多くの試合後に感じた。この気持ちを忘れずに、ニ度と同じ思いをしないようにしていく」

来シーズンの優勝も狙うシティーは今夏も補強を実行するとみられ、ライバルである欧州王者チェルシーは既に新選手を獲得。その他のクラブも国内リーグの優勝争いに加わる為競い合うだろうが、ルーニーは来シーズンのチャレンジに向けた準備は整ったとしている。

「チームの若い選手をみればわかるように、彼らは試合経験を積んでいるし、好不調の波も経験してきた。各国の代表に選ばれている選手も多いしね」

「この経験は彼らの成長に繋がる。これからの2、3年が若手にとって大きなテストになるだろうし、チームはどんなことでも乗り越えてみせるさ」

【関連記事】
来シーズン日本人ダービー実現