登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

28/06/2012  Reported by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

ポルトガル代表、PK戦で涙をのむ

ナーニにとって最大の代表戦、EURO2012準決勝ポルトガル対スペインが水曜日の夜に行われたが、残念ながら勝利を飾ることはできず、大きな失望と共に終わった。

ナーニは120分間を0-0で引き分けた後、PK戦を4-2で落として敗戦するというユナイテッドの他のイングランド代表選手と一緒の失望を味わうことになった。ナーニ自身はPKを決めたが、チームメートであるブルーノ・アルヴェスがクロスバーに当てて外し、敗退した。

後半終了間際にクリスチアーノ・ロナウドが絶好のチャンスを得たが、シュートを大きく外し、結局90分間の間で両チーム合計の枠内シュート数は1本に終わっている。

延長に入ってもこう着状態は解けず、0-0のままEURO2012は2試合連続でPK戦を迎えることになった。ポルトガルのGKルイ・パトリシオが、スペインの1人目のシャビ・アロンソを止めたが、直後にスペインはGKイケル・カシージャスがジョアン・モウチーニョを止めた。

スペインは2人目のアンドレス・イニエスタがパトリシオの逆をついて決めて1-0のリードを奪うが、ペペがカシージャスのセービングの下をくぐらせるシュートを決めてポルトガルが再び追いついた。そして3人目はジェラール・ピケ、そしてナーニが2人ともきっちりと決めた。

ページ 1 / 2 次へ »