登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「我々はまだ彼の実力の一部しか見ていません。この先もこれまでのようなキャリアを積むことができれば、彼は偉大な選手の1人になるでしょう」

-ラファエル・ホニグスタイン

12/06/2012  Reported by Steve Bartram
ページ 1 / 4 次へ » 

香川、ユナイテッド単独希望だった

世界中のユナイテッドサポーターが香川真司の移籍が完了する日を待ち望んでいるが、ブンデスリーガに詳しいラファエル・ホニグスタインが、ユナイテッド初となる日本人選手を解説する。

ユナイテッドにとって香川選手は良い補強だったでしょうか?

素晴らしい補強だったと思います。数多くのクラブが彼の獲得を目指していたと報じられていましたが、今回は選手自身が特定のクラブでプレーしたい気持ちを持っているという稀なケースだったため、ユナイテッドにとっては嬉しい移籍だったと思います。勿論お金も重要ですが、彼にとってはユナイテッドに移籍することが夢でしたので、他のクラブには獲得のチャンスがありませんでした。条件的にはユナイテッドに近いオファーだったと思いますが、香川選手はユナイテッドへの移籍が自分の夢だということ、そしてこのチャンスを逃さないぞと心に決めていたのです。あらゆるクラブが欲しがっていた選手ですので、彼を獲得できたことは、ユナイテッドにとって非常に良かったと思います。

実際にはどのクラブが興味を持っていたのでしょう?

他のクラブがどれだけ用意していたのかは分かりません。というのは、香川選手と彼のエージェントはユナイテッドなら移籍するという意志を最初から明確に示していたからです。ですから、他のクラブはそこまで用意しませんでした。アーセナルとチェルシーは間違いなくチェックしていたと思いますし、レアル・マドリーも随分遅くなってから彼の実力を見出して接触してきましたが、本人は希望通りにユナイテッドへ移籍しました。穿った見方をするのは簡単ですし、一番高い金額をオファーしたクラブへ移籍する選手も確かにいます。しかし今回は違います。私の知る限り、香川選手は本当にユナイテッドへ移籍したいと願っていましたので、他のクラブからのオファーは断っていたでしょう。

彼の特徴は何でしょうか?

ページ 1 / 4 次へ »