登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

01/06/2012  Report by Adam Marshall

チチャのゴールでメキシコ勝利

ハビエル・エルナンデスが、メキシコ対ボスニアのフレンドリーマッチに出場し、 92 分に逆転となるゴールを決め、メキシコが 2-1 で勝利した。

24歳になったばかりのバースデーボーイは、相手DFオグニェン・ヴラニェシュのクリアーミスを見逃さず。自陣内で無謀にもオーバーヘッドにトライしたDFのミスから生まれた好機に飛びつき、ストークGKアスミール・ベゴヴィッチの背後にボールを蹴り込んだ。

ウェールズとの親善試合には出場しなかったエルナンデスは、60分が経過した時点でピッチに登場すると、代表35試合で24得点目となるゴールを決めてみせた。
メキシコは3日(日)にブラジル代表とも親善試合を行う。

チチャリート(エルナンデスの愛称)は、「行き当たりばったりのゴールだったけれどね」とゴールシーンを振り返ると、「ドレッシングルームで皆にからかわれたよ。でも、重要なのはチームが2-1で勝ったこと」と続けた。

Medio Tempoのインタビューに応じた際も、「勝てて嬉しい。常日頃言うように、チームの為に100%を尽くす。監督が僕を1分だけ使おうと、90分だろうと、ベストを尽くすだけさ」と語った。

【関連記事】
ユナイテッドから7人がEUROへ