登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

25/06/2012  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

イングランドはPKの末に敗退

大きな国際大会では上位進出を逃し続けているイングランドがイタリアとの準々決勝で敗退。ユナイテッドのウェイン・ルーニー、ダニー・ウェルベック、アシュリー・ヤング、フィル・ジョーンズの EURO2012 も終了。チームからは唯一ナーニ(ポルトガル)がベスト 4 に進出した。

延長戦でもスコアレスのまま決着がつかず。勝敗はPKに委ねられることに。
イタリアのリッカルド・モントリーボが失敗しイングランドが優位に立ち、ヤングが決めていれば3-2となるはずだったが、クロスバーに阻まれミス。続くアシュリー・コールのキックも止められ、最後はアレッサンドロ・ディアマンティが確実に決め、4-2でイタリアが勝利した。

イングランドは前戦に続きトップにルーニーとウェルベック、そしてヤングも2試合続けて先発出場を果たした。序盤、ルーニーとのコンビネーションからシュートも持ち込んだウェルベック、そしてルーニー自身もグレン・ジョンソンのクロスに飛びこむも、相手GKジャンルイジ・ブッフォンの守りの前に決められない。

イングランドが攻勢に出る場面もあったが、前後半を通して試合の主導権を握っていたのはイタリアと言わざるを得ない。
ユヴェントスのプレーメーカー、アンドレア・ピルロが起点となり、シティーのマリオ・バロテッリへ縦にパスを入れてチャンスを作ると、ストライカーはチームメートのジョレオン・レスコット、ジョー・ハートに挑んでいく。

ルーニーがレギュレーション終了間際にオーバーヘッドキックを放つがバーを越えてしまいノーゴール。
結局スコアレスのまま延長戦を迎えると、イタリアは途中出場のアントニオ・ノチェリーノがヘディングシュートをゴー

ページ 1 / 2 次へ »