登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/07/2012  Report by Adam Marshall & Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

初戦勝利に満足する監督

アレックス・ファーガソン監督は、 1-0 で勝利したアマズル FC 戦後、フル出場したディミタール・ベルバトフを高く評価。それと同時に、限られた出場時間しか与えなかった香川真司の途中出場について説明した。

ベルバトフは試合を通して目を見張るパフォーマンスを披露し、フェデリコ・マケーダの決勝点をアシスト。しかし、それでも監督はベルバトフがオールド・トラッフォードを去る可能性を示唆し、ブルガリア人FWにもフェアに対応すると強調した。

終了間際に途中出場したシンジは、週末のアヤックス・ケープタウン戦では先発出場させても良い状態に思えたものの、アマズル戦では出場の準備を整えタッチラインまで進んだが、プレーが中断せず時間だけが過ぎていく状態となり、試合を観戦していたファンはやきもきしたことだろう。

「今更ディミタールの力を説明するまでもない」とした監督は、「彼は素晴らしい才能の持ち主だが、昨シーズンは希望するような出場機会を得られなかった。彼の年齢でベンチ要員という役割を受け入れるのは簡単ではないだろうが、(ウェイン)ルーニー、チチャ(ハビエル・エルナンデスの愛称)、(ダニー)ウェルベックが彼の前を走っている以上、出場機会を与えるのは難しい。今日は非常に良い内容だったし、決勝点にも絡む活躍を見せてくれた」と語った。

「彼は退団を望んでいる。それは別の話だが、私としても彼の希望を問題だとは思っていない。もしチームに残るのなら嬉しく思うし、他チームが彼の獲得を望んで、本人も退団を希望するのであれば、その時に決めること」

ページ 1 / 2 次へ »