登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「僕とウェインの呼吸が合っているからだからね。もちろん、彼以外にも、ナーニ、チチャリート(ハビエル・エルナンデス)、ダニー・ウェルベックとも連携面は問題ない」

― アントニオ・バレンシア
12/01/2012  Report by A Bostock, S Bartram

ウィングが本職のバレンシア

DF に負傷者が続出したことで一時は右 SB として起用されていたアントニオ・バレンシアだったが、最近は本来のポジションであるウィングとして出場。先日のシティー戦( FA カップ 3 回戦)でもウェイン・ルーニーの先制ゴールをアシストする等、らしいプレーを見せた。

「僕が思うに、ウェインは今シーズン開幕から好調を維持しているし、最近になって再び彼自身の存在がチームにとってどれほど大きいかを証明している。彼の1番の特徴は、周りを見て瞬時に判断出来ること。パスをすぐに出してくれるから、自分の動きもシャープになる」

「でも、それもこれも、僕とウェインの呼吸が合っているからだからね。もちろん、彼以外にも、ナーニ、チチャリート(ハビエル・エルナンデス)、ダニー・ウェルベックとも連携面は問題ない」

先月の月間MVP候補にも挙げられたバレンシアは、先月だけで7ゴールを記録し受賞したディミタール・ベルバトフに次ぐ投票数を獲得した。

「精度の高いクロスを上げて、それがゴールに繋がれば、自然と自分の自信にも繋がる。監督から負傷者が多いから右SBをやってくれと言われた時は、喜んで受け入れたさ。ただ、一時的な起用法と監督も言ってくれたからだけれど。やっぱり、本来のポジションの方が上手くやれるから」

【関連記事】
成長を楽しむエルナンデス