登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/01/2012  Report by Adam Bostock

ボビーがスコールズ復帰に感嘆の声

ユナイテッドに大きな戦力と驚きを与えたポール・スコールズの現役復帰というニュースだが、特に感嘆の声をあげたのは、スコールズよりも通算出場試合数の多いサー・ボビー・チャールトンだった。

チャールトンはUnited Reviewに掲載されているコラムで、スコールズの復帰により2年連続優勝の可能性が膨らんだとし、喜びを形容している。

「ポール・スコールズの現役復帰は、私が今まで受けたニュースの中で特に喜ばしいものだった。彼自身は現役復帰が発表されるまで我慢していただろうが、試合当日は単にプレーしたくてたまらなかったんだろう。そんな彼の姿が想像出来る。ファンタスティックな選手だし、彼が復帰するというニュースを聞いて、先週の日曜日(8日)が特別な日になった」

「彼の表情を見ればわかるように、以前よりもプレー出来ることに幸せを感じている。いつまで現役を続けるかはわからないが、きっと今シーズン終了までだろう」

「彼のような選手が復帰するなんて、われわれは非常に幸運だ。おそらくサー・アレックスの脳裏にあったことは、クリエイティブなプレーが出来る中盤の選手の獲得だったはず。そんな時期にポール・スコールズが監督のオフィスを訪ね、現役復帰を伝えたのだから、アレックスはきっとクリスマスがもう1度来たと思ったことだろう」

【関連記事】
スコールズの復帰に全員が仰天