登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/01/2012  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

スコールズ「面白いことになる」

バークレイズ・プレミアリーグ優勝争いは、シティーとユナイテッドの 2 チームに絞られたという意見が大半を占めているようだが、ポール・スコールズは首位を走るライバルに対し、「これから面白いことになる」と、不敵に語っている。

これまで10度国内リーグ優勝を経験しているスコールズだが、当然激戦の末に惜しくも優勝トロフィーを逃したシーズンも経験している。つまり、現役選手の中でも、特にプレミアリーグの優勝争いの厳しさを理解している数少ない1人というわけだ。

アーセナル戦後、ガリー・ネヴィルと共にフットボールライター協会を招いての夕食会を主催したスコールズは、宴の席で「われわれは今日(22日)勝ったが、シティーも勝利したため、勝ち点差は変わっていない」と話すと、「だが、アウェーという厳しい状況で勝ち点3を取ったわけだから、われわれの方が難しい試合だったと思う」と続けた。

現役復帰後は試合ペースを落ち着かせる役割を与えられているスコールズは、まだ両チーム共に16試合を残している点についても触れ、次のように話した。
「今の時点では、シティーは非常に良い戦いをしているが、われわれとの差は僅かに勝ち点3。毎試合確実に勝ち続ければ、シーズン終盤には面白いことになるさ」

アーセナル戦でも後半から途中出場したスコールズは、ダニー・ウェルベックの決勝点に繋がるパスを通し、勝利に貢献。復帰後は全試合に出場し、それら全てでユナイテッドが勝利を収めている。

ページ 1 / 2 次へ »