登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「シティーが勝っていたし、勝利で終わることが重要だった。今日は勝ち方も非常に良かったと思う。積極的にプレーしていたし、自分達の実力を信じていた。この時期に重要な試合で勝てたことが嬉しい」

― アレックス・ファーガソン監督
23/01/2012  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

勝ち方に満足の監督

アレックス・ファーガソン監督は、アウェーでのアーセナル戦で貴重な勝ち点 3 を取れたことに喜びを表した。

首位シティーがキックオフ前にトッテナムと対戦し、終了間際のPKで勝利したことで、試合開始前の時点では勝ち点で6差となっていたため、ユナイテッドにとっては負けられない一戦だった。

後半序盤こそ相手の猛攻に遭ったが、アントニオ・バレンシア、そしてダニー・ウェルベックのゴールで勝利し、大きな勝ち点を獲得。監督は試合を次のように振り返っている。

「シティーが勝っていたし、勝利で終わることが重要だった。今日は勝ち方も非常に良かったと思う」

「積極的にプレーしていたし、自分達の実力を信じていた。この時期に重要な試合で勝てたことが嬉しい」

「試合前にも言ったように、今後はアウェーで厳しい4試合(アーセナル、チェルシー、トッテナム、シティー)が控えている。その最初の試合に勝てて本当に良かった」

「アーセナルは後半から勝負にきた。特に最初の15分は凄まじい攻撃だった。だが、われわれもカウンターからチャンスを作れていたし、もっと得点を取っていても良いくらいだった」

監督は3試合連続となるゴールを含む今季9ゴール目を記録したウェルベックを称賛。

「ダニーは本当に素晴らしいね。常に相手守備を引き付けてくれているし、ゴールを果敢に狙う姿勢が良い」

ページ 1 / 2 次へ »