登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/01/2012  Report by A Bostock
ページ 1 / 3 次へ » 

監督がストーク戦に期待

激戦が予想された前節アーセナル戦(アウェー)に勝利したユナイテッド。今節では、ガナーズ(アーセナルの愛称)とは全くタイプの異なる試合をするストークと対戦する。

フィジカルに強く、常に前へ前へと向かう姿勢が評価されるストークは、ジャーメイン・ペナント、マシュー・エザリントン、ジョナサン・ウォルターズ等、豪華攻撃陣を要し、時にはトニー・プリス監督が要求する以上のレベルをみせている。アレックス・ファーガソン監督がストークを支持する理由は、まさしくそうした姿勢にあるという。

「トニー・プリス監督のチームは、常に100%で前に前に進み、全力を尽くす」と監督。
「対戦する相手は、とにかく彼らの突破力に対応しないといけない。私は、そんな彼らと対戦するのが好きなんだ」と続けた。

プレミアリーグでも異質なフットボールで快進撃を続けるストークについて、監督は1980年代後半から90年代前半にリヴァプールやユナイテッド等の強豪を相手にアップセットをやってのけた、ウィンブルドンの印象を重ねているとしている。

「ウィンブルドンが昇格した当時、荒っぽい試合をする彼らと対戦したいチームはなかった。そんな当時に私が監督に就任したわけだが、私は彼らのようにフィジカルに強いチームとの対戦が好きだった。当たりの強いチームと対戦して、ポゼッションで支配し、自分達のフットボールをしてみせようと思ったものだ」

ページ 1 / 3 次へ »