登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

29/02/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督がルイ・サアを警戒

首位シティーを追うユナイテッドにとって、今節のトッテナム戦は非常に重要な一戦となるだろう。

アレックス・ファーガソン監督は、前節でスパーズ(トッテナムの愛称)がアーセナルに2-5で大敗したことを受け、今節は相当に気合を入れてくるだろうと警戒を強めている。

冬の移籍期限ぎりぎりでエヴァートンから移籍したルイ・サアは、アーセナル戦でも先制点を記録。移籍後早くも3ゴールを記録する等、調子を上げてきており、古巣ユナイテッドとの対戦でも得点能力を証明しようと奮起しているかもしれない。
また、ハリー・レドナップ監督率いるチームの攻撃陣の破壊力が増していることも明白。ユナイテッドにとっては、想像以上に厳しい試練が待ち受けている。

監督は、Inside Unitedのインタビューを受け、「ルイ・サアの移籍については詳しく知らないが、エヴァートンは彼を放出できて良かったと思っているようだ。移籍してから早速ニューカッスル戦で2ゴールを記録していた。ルイらしい。彼は非常に才能に溢れた選手。出場時間が不足しているだけだろう」とコメント。

「ルイが数少ない才能に恵まれた選手であることは間違いない。両足でシュートが打てて、スピードも速い。跳躍力もある。それにトッテナムは非常に良いチーム作りをしている。ギャレス・ベイルを軸に、ラファエル・ファン・デル・ファールト、ジャメイン・デフォー、それにエマニュエル・アデバヨールが揃う素晴らしいチームだ」

ページ 1 / 2 次へ »