登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「早い時間に1点目が取れればチャンスはあると思っていたよ。2点目までは続けて取れたし、同点に追いつくチャンスも十分あると思った」

― ウェイン・ルーニー
05/02/2012  Report by Steve Bartram

ルーニー「チームを信じていた」

後半早々までに 0-3 とされた後でも、ウェイン・ルーニーは自身とチームの力を信じていた。

PKで2点を返したユナイテッドは、ハビエル・エルナンデスのゴールで追いつき、3-3の引き分けとした。

「早い時間に1点目が取れればチャンスはあると思っていたよ。2点目までは続けて取れたし、同点に追いつくチャンスも十分あると思った」と、ルーニーはMUTVのインタビューに答えた。

PKを蹴ったルーニーは、「今日の試合まで2本続けて外していたからね。監督からは今後もキッカーを務めたいかと聞かれた。もちろん続けていきたいよ。キッカーになってからの2、3年はとにかく練習したし、今日だって絶対に決めてやろうと思っていたから」と語った。

苦しみながら勝ち点1を獲得したユナイテッドだが、ルーニーはチェルシー戦で見せた精神こそ、優勝争いのライバルであるシティーにとって最も嫌な要素になるとしている。

「たいていのチームであれば、0-3の時点で負けを覚悟するもの。でも俺達は反撃した。もし1-3、2-3で負けたとしても十分にやったと思うかもしれない。ただ、実際は勝ち点1も嬉しいけれど、3を取れなかったことは後悔しているよ」

「シティーの選手も俺達が負けると思ったはず。今日のように反撃して、同点に追いついた姿は脅威に感じるだろうね。これこそチームの精神。今日のようなパフォーマンスを見せられれば、俺達は簡単には負けない」

【関連記事】
監督、ドローにも複雑な心境