登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

21/02/2012  Report by Nick Coppack

リオ「勝って黙らせたい」

リオ・ファーディナンドにとっては、子供を学校に送る道中のやり取りも勝利へのモチベーションになっている。

ユナイテッド不動のCBであり、イングランド代表DFとしても活躍するファーディナンドは、毎朝子供を学校に送る道すがら、他の子供達とも交流を持っているが、試合に負けた時の反応には苦笑するばかりだという。

「子供達を学校まで送るのに通学路を通っていくんだけれど、試合に負けた時なんかは子供に馬鹿にされるし、からかわれることもある。嫌だけれど、負けるとそういう目に遭うんだ」と、ファーディナンドはManUtd.comの取材に答えた。

「子供達は容赦ないよ。彼らの頭の中には、『このおじさんはフットボール選手だからそうっとしておいてあげよう』なんていう気遣いは無いからね。でも俺にだって小さなプライドやエゴもある。勝って何も言われることなく通学路を歩きたいものさ」

「こういう気持ちが無くなった時こそ引退を考える時期だろうね」

ページ 1 / 2 次へ » 


「試合に負けた時なんかは子供に馬鹿にされるし、からかわれることもある。子供達は容赦ないよ」

― リオ・ファーディナンド