登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

24/02/2012  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「選手変更が招いた結果」

アレックス・ファーガソン監督は、ユナイテッドがヨーロッパリーグベスト 16 に進出が決定したことを喜びつつ、ホームで行われたアヤックスとの第 2 戦に敗れた原因に、大幅なメンバーチェンジを挙げた。

先週の第1戦を2-0で勝利し、週末にはノリッチとのアウェーゲームを控えていた影響を懸念したのか、監督は若手を中心としたラインナップでアヤックスを迎えた。

その効果は試合開始早々でこそみられ、ハビエル・エルナンデスのゴールで先制したが、その後2点を奪われ敗退した。

「試合終盤は非常に緊迫した展開になってしまった。われわれは後半から調子を落とし、相手は逆に尻上がりに良くなっていった」と、MUTVのインタビューに答えた監督。

「チームを編成した私に責任がある。特に後ろ(DF)4枚を若手選手だけで構成したのが失敗だった」

「アヤックスがボールをキープする能力に優れていることは明らかだった。ペネトレーションこそあまり見られなかったが、成長著しい若手に溢れるチームだ」

「今のチームと類似点が多いと思ったからこそ、若手に経験を積ませるために起用した。それにトム・クレヴァリー、フィル・ジョーンズ、クリス・スモーリングは負傷で試合間隔が空いていたから、実戦経験を積ませようとも考えた」

ページ 1 / 2 次へ »