登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/12/2012  Report by Adam Marshall

ヤング「試合終了まで諦めない」

アシュリー・ヤングは、ユナイテッドの不屈の闘志、精神を 9 日(日)のマンチェスター・ダービーで再び実感したと語った。

ウィンガーは試合を通して攻守に活躍し、キーマンとしてフル出場。ロビン・ファン・ペルシーのFKがサミル・ナスリに当たってコースが変わり、2-2の均衡を破った瞬間をゴール前で見ていた。

エティハドに詰めかけたユナイテッドファンにとっては、まるで演劇でも見ているかのような劇的な逆転勝利だったが、ユナイテッドで2シーズンプレーしているヤングは、こうした光景を見ても驚かなくなったという。

「絶対に簡単な試合にはならないのはわかっていたことだから」とMUTVに語ったヤングは、「でも2-0になった時は、全員が喜んだよ」と続けた。

「もちろん相手が後半から攻めてくるのはわかっていた。ただ、2-2に追いつかれたのは残念だった。それでもチームは絶対に諦めないから。必ずチャンスはあると思っていたし、そんな中でロビンが決勝点を決めてくれた。この勝利が選手だけではなくて、チームスタッフにとっても、非常に大きな意味を持っていたのは、ゴールを喜ぶ皆の姿

ページ 1 / 3 次へ » 


「絶対に勝利を諦めない姿勢は、チームの魂。勝ち点3を取りにいく強い姿勢だよ」

― アシュリー・ヤング