登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ウェスト・ブロムウィッチ戦MOM候補

マイケル・キャリック
トム・クレヴァリー
パトリス・エヴラ
ネマニャ・ヴィディッチ
アシュリー・ヤング

投票はこちらから
30/12/2012  Report by Adam Marshall

投票:ウェスト・ブロム戦MOM

ユナイテッドは 2012 年最終戦となったウェスト・ブロムウィッチ戦を 2-0 で勝利。久々に無失点で終えた試合のマン・オブ・ザ・マッチ候補には、 DF を中心とした 5 名が選出された。

クリーンシート(無失点)での勝利で貢献したDFの中でも、主将ネマニャ・ヴィディッチの存在感は大きかったと言える。ボックス内に放り込まれたクロスを何本も頭で弾き返し、後半ウェスト・ブロムウィッチの好機に対しても身を挺してゴール前を守った。

パトリス・エヴラも最終ラインをタイトに固め、知性と運動量でカバー。ピッチ状況が悪かった中で、勝利に貢献した。

中盤のセンターとして起用されたマイケル・キャリックトム・クレヴァリーのパフォーマンスも光る試合となった。特に前半は流れるようなパスでチャンスメークに徹した2人は、おそらくミッドウィークのウィガン戦でも起用されることだろう。

最後の候補はアシュリー・ヤング。ゴールを決めたロビン・ファン・ペルシーも候補として検討されたものの、出場時間が短く、今回は不選出となった。ヤングは前半早々のオウンゴールのきっかけを作り、元ユナイテッドGKのベン・フォスターにセーブされたものの、惜しいシュートを放った。

投票はこちらから。

【関連記事】
ユナイテッド 2-0 WBA