登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「彼は真の競技者。絶対に妥協しない。DFとして自陣を守ることに生きがいを感じている。それが彼という人間だ」

― アレックス・ファーガソン監督
03/12/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督がクルージュ戦メンバーを示唆

アレックス・ファーガソン監督は、 5 日(水)に行われるチャンピオンズリーグ、グループステージ最終節(クルージュ)で起用する最終ラインのプランを明らかにした。

監督は、ネマニャ・ヴィディッチの復帰に期待。主将は週末に行われるシティーとの首位攻防戦には出場しない可能性が高いものの、監督はアウェーでのガラタサライ戦と同様に、大幅にメンバーチェンジを行うと明言している。

「出来ればヴィディッチにプレーしてもらいたい。体調次第だが、出場する可能性は高いと思う」と監督。

「もし彼が出場出来れば、最終ラインはフィル・ジョーンズ、クリス・スモーリング、アレキサンデル・ビュットネルになるだろう。選手は入れ替えるが、2位争いをしているガラタサライとクルージュを軽視しているわけではないことを理解してもらえると思う」

「ヴィダ(ヴィディッチの愛称)は理学療法士とのリハビリを順調に進めてきた。彼らと練習を続けていたが、先週の月曜にはチーム練習に参加した。状態は良好だ」

「彼は真の競技者。絶対に妥協しない。DFとして自陣を守ることに生きがいを感じている。それが彼という人間だ」

終末にはシティーとの大一番を控えるが、巷では、仮にシティーがヨーロッパリーグ出場権を逃した場合、国内リーグ優勝争いでアドバンテージを握るとも囁かれている。

「シティーはボルシア・ドルトムントに勝たなければならない。ビッグクラブに負けることがあれば、チームにも影響が出るだろう。確かに試合数が少なければ、後半戦は選手もフレッシュな状態で毎試合を迎えられるだろう。だが、チャンピオンズリーグ、それにヨーロッパリーグからも脱落して、嬉しい選手なんているだろうか? シティーの選手はカルロス・テベスしか知らないが、選手というのは毎週のようにプレーしたいと願うもの。勢いを持続させたいと願うし、試合へのモチベーションの高さを維持したいと思うもの」

ページ 1 / 2 次へ »