登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/12/2012  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

ロビン「勝利の為なら何でもやる」

自身初となるマンチェスター・ダービー出場に加え、自らの決勝点により逆転勝利した試合後、ロビン・ファン・ペルシーは特別な感情を抱えていると語った。

オランダ人ストライカーが追加タイムにFKを直接決めたゴールにより、ユナイテッドはバークレイズ・プレミアリーグ首位をキープ。2位シティーとの勝ち点差を6に広げた。

「勝つ為なら何でもやる」とSky Sportsに語ったファン・ペルシー。
「ウェインが2点続けて取ったし、良いスタートだったと思う。それからも試合をコントロール出来ていたから」

ファン・ペルシーは、FKを蹴る前にルーニーと言葉を交わし、考えを話していたという。

「ワッザ(ルーニーの愛称)から『どうするつもりだ? シュートか、クロスか?』と聞かれたから、多分シュートを打つと答えただけ」

シュートという判断を聞かされたルーニーは、ファン・ペルシーが好機を無駄にしないと確信していたと試合後に語った。

「難しい角度だったけれど、ロビンほどの技術があるなら可能。普段、練習グラウンドで彼の技量は見ているからね。彼なら決められると思ったし、チームを勝利に導いてくれた」

ページ 1 / 2 次へ »