登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

12/12/2012  Report by Mark Froggatt

ギグス、勝ち点量産を期待

ライアン・ギグスは、シティー戦勝利により、試合日程が厳しくなるクリスマス時期前後に向け、チームに勢いがついたと主張している。

シーズンを通し、自慢の攻撃力に加えて、現在よりは安定した守備を手にできれば、2012-13シーズン優勝の可能性が高いと語るギグス。「チームのパフォーマンスをみれば明白」と話し、チームの士気が上がっているとコメント。

「ベンチメンバーの質も高いし、今はチーム全体が良い状態。まもなく主将のネマニャ・ヴィディッチも戻ってくる。過密日程になる今後に備えて、選手も揃っているし、自信もある」

「たしかに失点は多いし、ビハインドとなる展開も頻繁にみられる。けれど、これまでの結果をみれば、チームにとって良いシーズンになる可能性は高い。チェルシー、ニューカッスル、そして先日のシティーとのアウェーゲーム3試合は、今シーズンのベストパフォーマンスだと思う。これ以上厳しい試合は考えられないよ」

「チームのクオリティーと状態の良さは示した。あとは安定性を高めるだけ。チャンピオンズリーグも一段落し、代表戦もしばらくはない。これからはプレミアリーグとFAカップに集中できるから」

【関連記事】
ギグス「シティーはガナーズ的存在」