登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

12/12/2012  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグス「シティーはガナーズ的存在」

ライアン・ギグスは、数年前から以前よりも話題を集めることとなったマンチェスター・ダービーの影響力を踏まえ、シティーとの関係性を、 90 年代後半から 2000 年代前半までのアーセナルとのライバル関係に置き換えている。

1997年から2004年までの間、ユナイテッドは頻繁にアーセナルとプレミアリーグ優勝を争ってきた。当時は両チームの直接対決が大きな注目を集めたが、つい先日ダービーを終えた今、ギグスは、シティーとのライバル関係が当時のアーセナルとの関係に近いと語った。

「アーセナルとは、技術レベルの高い、身体的にも激しい戦いを繰り広げてきた。日曜日(9日)の試合は同じような感覚だったね」とギグス。

「リーグトップクラスの2チーム、それにローカルダービーというスパイスも加わっていたし、ここ2、3年の間でダービーに関する注目度は高くなった。試合前から話題になっているし、勝った時の気分も以前より良いよ」

「今回のダービーも予想通り、リーグ首位攻防戦に相応しい激しい試合になった。前半はチームが押して、後半はシティーが挽回してきた。後半は更に点が入るかと思っていたけれど、シティーが2-2に追いついてきたからね。大半の人が2-2のままドローで終わると思っていただろうけれど、チームは試合終了間際に何度もゴールを決めているから、勝てると信じていたよ。今回のようなビッグマッチで、終了間際のゴールで勝てたわけだから、これ以上に嬉しいことはないよ」

ページ 1 / 2 次へ »