登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「今のチームには劣勢から逆転する力があるし、チーム全体が絶対に逆転出来ると信じているから」

― ダレン・フレッチャー
06/12/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

ダービーに向け集中するフレッチ

ダレン・フレッチャーは、 9 日(日)に行われるシティーとのマンチェスター・ダービーでは、特にセットプレーからの失点に注意する必要があると語っている。

今シーズンのユナイテッドは先制点を許す試合が多く、前節レディング戦でも3失点としながら、自慢の攻撃力で逆転勝利を挙げた。しかし、フレッチャーは昨シーズンの王者を相手に先制点を許せば、逆転は相当厳しくなると予想。気を引き締めて臨むとしている。

「(失点癖は)チームにとって不安材料になっていることは確か。ただ、失点の多くはセットプレーからのもので、個人個人のミスが原因だから、チームとしての対策というのは難しい」

「これからも相手に先制点を許すわけにはいかない。特にシティーのように、守備の乱れを確実に狙ってくるようなチームとの対戦では注意が必要。今シーズンで最高のパフォーマンスをしないといけないし、それはチーム全員が理解している。ビッグマッチの方が実力を発揮するケースもあるしね。とにかく、シティー戦で先取点を奪われるわけにはいかない」

「チーム内でも失点癖については話し合っているよ。でも、それよりも大事なのは、逆転し続けるということ。今はビハインドとなっても良い反応をみせられているから良いけれどね。もし逆転出来なかった時の代償は大きいから。今のチームには劣勢から逆転する力があるし、チーム全体が絶対に逆転出来ると信じているから」

スコットランド代表は、現時点でシティーとユナイテッドの2強による優勝争いと断言するのは時期尚早としつつ、エティハドでの一戦が、来年5月の時点での順位に影響する可能性も認めている。

「昨シーズンはシティーに勝てなくて、それがリーグ優勝を逃した大きな一因になった。僕らに勝つことでアドバンテージを与えたくはない。そろそろチームが彼らに勝つ番だと思うね」

ページ 1 / 2 次へ »