登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「チャンスはあったけれど、ゴールを決められなかった。相手はラッキーだった。1本のシュートがゴールになったからね。あれは止められない。何もできなくて当然」

― アレキサンデル・ビュットネル
06/12/2012  Report by Mark Froggatt

ビュットネル、チームの不運を嘆く

チャンピオンズリーグ、グループステージで前節ガラタサライ戦に続き先発出場したアレキサンデル・ビュットネルは、 0-1 で敗れたホームでのクルージュ戦について「アンラッキー」とコメント。

「良いプレーが出来た」と、試合後MUTVのインタビューで語ったビュットネルだが、クルージュのゴールについては「相手はラッキーだった。1本のシュートがゴールになったからね。あれは止められない。何もできなくて当然」とした。

「相手のGKはチームの攻撃に上手く対応していた。今日はアンラッキーだったよ。チャンスはあったけれど、ゴールを決められなかった。相手はカウンター狙いで、良いプレーをしていたから」

チャンピオンズリーグで2試合続けて先発出場したビュットネルだが、個人的にはシティーとのダービーマッチに気持ちを切り替えているという。

「大事なのは次のシティー戦。集中して、結果を残さないと」

「ユナイテッドでプレー出来ることに喜びを感じているんだ。ただ、僕自身はダービーについての知識が少ない。とにかく絶対に勝てるよう努力しないといけない。優勝する為にも、シティー戦で結果を残すことが大事だから」

【関連記事】
ジョーンズ「運が無かった」