登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

05/08/2012  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィディッチ、復帰の喜びを語る

8 ヶ月ぶりに実戦復帰を果たしたネマニャ・ヴィディッチは、バレレンガとの親善試合後、一定の満足感を得られたとインタビューで語った。

ノルウェーで行われた試合はスコアレスドローとなったが、ヴィディッチは完全復活に向けて調整を進めるのと同時に、前十字靭帯断裂という重傷を負った膝の状態も慎重に見極めていくとしている。

「今日の感触は良かった」とMUTVのインタビューで答えたヴィディッチ。更に「8ヶ月ぶりの試合だし、ポジショニングは慣れていかないとね。まだフィットネスレベルも十分ではないし、今後数週間でどこまでもっていけるか。ただ、試合に出られて満足しているよ。膝の状態も良好だし、次の試合では更に状態を上げていきたい」と続けた。

「(けがは)フラストレーションが溜まったさ。ただ、半年は復帰できないのは理解していたし、けがをする前の状態に戻す為に出来る限りの努力はしてきた。復帰することを目標としてきて、これまでのリハビリ、トレーニングで自分にどれだけ厳しいことを課してきたかは、今後のパフォーマンス次第だと思っている。辛い経験だったけれど、これも自分のフットボールキャリアの一部だから。アスリートである以上、けがのリスクは避けられない。これからはまた明るいキャリアが待っていると良いね」

膠着した試合となったが、ヴィディッチは結果よりも内容が良かったとポジティブに捉えている。次戦はイェーテボリでバルセロナと親善試合を行い、2012-13シーズン開幕に向けて調整を続けていく。

ページ 1 / 2 次へ »