登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「過去にも開幕戦で負けたこともあるし、それで最終的に良い結果で終われたシーズンもあるわけだから。次の試合に勝って、勢いに乗っていきたい」

― ネマニャ・ヴィディッチ
21/08/2012  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィダ「ベストを尽くした結果」

ネマニャ・ヴィディッチは、エヴァートンとの開幕戦で黒星を喫しながらも、「動じる必要はない」とコメント。既に 25 日(土)に行われるホームのフルアム戦に気持ちを切り替えていると語った。

ダビド・デ・ヘアの好セーブに助けられたユナイテッドは、前半終了まで0-0としていたが、後半にマルアーヌ・フェライーニにセットプレーから得点を決められ、1-0で敗れた。

新加入の香川真司はフル出場し、チャンスに絡む上々のパフォーマンスを披露。そしてロビン・ファン・ペルシーも途中出場ながらもユナイテッドデビューを果たしたが、相手DFを崩すことが出来ず、チームは無得点に終わった。

ヴィディッチは試合後、MUTVのインタビューに答え、次のように試合を振り返った。

「難しい試合になることはわかっていたし、相手は自分達が最も得意とするロングボール、そしてセットプレーからチャンスを作った。最終的に1点を失ったわけだけれど、セットプレーからの失点は良くないね」

「ボールキープは出来ていたけれど、決定機を作れなかった。アウェーの場合、ホームチームが何度かチャンスを作るのは自然なこと。勝つには相手以上に決定機を作る必要があるから」

「結果には満足していないけれど、次の試合に集中したい。過去にも開幕戦で負けたこともあるし、それで最終的に良い結果で終われたシーズンもあるわけだから。次の試合に勝って、勢いに乗っていきたい」

主将は、負傷者が続出したことから、マイケル・キャリック、アントニオ・バレンシアをDFとして起用せざるをえなかったことを敗因には挙げなかった。

ページ 1 / 2 次へ »