登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/08/2012  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ロビン獲得で示したチームの“本気”

ライアン・ギグスは、ユナイテッドが開幕直前にロビン・ファン・ペルシーを獲得したことで、今シーズンのリーグ優勝を本気で狙っているという意思を、他チームに明確に示せたと考えている。

イングランド国内に限らず、欧州のビッグクラブも獲得を狙ったオランダ代表だったが、ファン・ペルシー本人の希望はユナイテッドへの移籍だった。

「彼(ファン・ペルシー)がチームに移籍したというのは、大きなメッセージになった。本人がチームへの移籍を希望したというのも良いこと」と、ManUtd.comに語ったギグスは、「私の意見は偏っているだろうけれど、選手は皆、ユナイテッドに移籍したいと思うべき。常に優勝の可能性が保障され、偉大なチームスピリットを共有できる。それに世界トップクラスの施設があって、名将の下でプレーできるわけだから、プラスポイントの方が多い」と続けた。

開幕戦となったアウェーでのエヴァートン戦では敗れたものの、ギグスは、選手達は気持ちを切り替え、次節フルアムとのホーム開幕戦に集中していると話してくれた。

「ホーム開幕戦は、ファンにとっても楽しみな試合。チーム、それに新加入の選手に期待しているだろうしね。今シーズンに関して言えば、過去のどのシーズンよりも私は興奮している。自分のキャリアが終わりに近づいている時期に、挑戦する機会を与えられて感謝しているんだ。早く試合がしたくてウズウズしている」

ページ 1 / 2 次へ »