登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/08/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督RVP獲得に向け長期戦を覚悟

アレックス・ファーガソン監督は、パリ・サンジェルマン( PSG )にルーカス・モウラを横取りされたことを受け、アーセナルのロビン・ファン・ペルシー獲得に向け、ガナーズ(アーセナルの愛称)との長期戦も視野に入れていると語った。

クラブ史上最高額の移籍金でモウラ獲得レースを制したPSG。ターゲットを奪われたユナイテッドは、ファン・ペルシー獲得に全力を注ぐとしているが、アーセナルはバークレイズ・プレミアリーグ外のチームに売却することを希望している。

「今の時点で話せることはない」とした監督は、「われわれは条件を提示した。そしてアーセナルは他チームとも交渉を続けている。こちらとしては、辛抱強く状況を見守るしかない。われわれが望む結果になれば良いと思っている。ベストを尽くしているが、現段階では何も進展していない」と続けた。

「アーセナルの態度に感情的になってはいない。何故彼らが現状のような態度を取るのか理解に苦しむ。何を考えているのか全くわからないし、彼らも態度を示していないからね」

モウラの移籍について質問されると、監督は次のようにコメントした。

「19歳の選手に移籍金4500万ポンド(約55億円)も支払うなんて驚きでしかない。PSGはクラブの名を売る為に、先月ミランからチアーゴ・シウバとズラタン・イブラヒモヴィッチを獲得したばかりだ」

ページ 1 / 2 次へ »